たたききゅうりの梅塩こんぶ和え

たたききゅうりの梅塩こんぶ和えの料理写真

さっと作れるきゅうりの和え物のレシピ。相性の良い組み合わせです。さっぱりとした味でおつまみにも使えます。
おもにポリ袋で調理をするので、洗い物が少なくてすむのもうれしいポイント。

材料(2人分

きゅうり1本

梅干し(メモ11粒(約7g)

塩(板ずり用)小1/2

◎塩こんぶひとつまみ(約5g)

◎調味酢(メモ2大1/2

作り方

きゅうりは板ずりをしたら、両端を切り落とし、3~4等分に切り分けます(メモ3)。梅干しは種を取ります。

ポリ袋にきゅうり、梅肉、◎を入れます。空気を抜いて、くちの部分を手でおさえたら、袋の上からめん棒などで叩きます(メモ4)。

梅肉がまんべくなくいきわたるよう、軽くもみ込み、完成。

お料理メモ

メモ1:梅干しの種類

梅干しは、しそ漬けの塩分濃度10%の大粒を使っています。梅干しの大きさや塩分濃度によって塩辛さが変わります。

メモ2:調味酢

調味酢とは穀物酢に砂糖などを加えて味をととのえたもので、「合わせ酢」ともいいます。まろやかな酸味でほんのり甘味もあります。すっぱめがお好きな方は、調味酢のかわりに穀物酢を使っても。

メモ3:板ずり

まな板にきゅうりを置いたら、まんべんなく塩をふり、ごろごろとまな板の上を転がします。表面のいぼが取れて、食感や色合いがよくなります。
板ずりをしたあとは、キッチンペーパーで塩と水分をふき取ります。

メモ4:叩いて味をなじませる

きゅうりをめん棒などで叩くと、表面がでこぼこになり、味がよくなじみます。梅肉も一緒に叩いて、きゅうりにからませやすくします。
ポリ袋のくちは、ねじってから手でおさえるとよいです。

調理道具・調味料のご紹介

TIME & STYLE 重箱 小(楽天
小柳産業 山椒すりこぎ 中(Amazon楽天
くらこん 塩こんぶ(Amazon楽天
ミツカン やさしいお酢(Amazon楽天

手順写真

たたききゅうりの梅塩こんぶ和えの料理手順その1 たたききゅうりの梅塩こんぶ和えの料理手順その2
たたききゅうりの梅塩こんぶ和えの料理手順その3 たたききゅうりの梅塩こんぶ和えの料理手順その4

※ 作り方の番号と手順写真の番号は必ずしも一致しているわけではありません。

このページをシェア